マネックス証券

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 3993
  • 公開日時 : 2018/11/13 15:20

特定口座を開設している場合はどのように確定申告すればよいのですか?

特定口座の確定申告は、証券会社が交付する特定口座年間取引報告書をご利用いただくことで、お客様の負担を軽減し簡易に行えます。
 
なお、確定申告の要否は、ご契約状況やお取引状況によって条件が異なります。
以下より該当するご契約状況を選択してください。
 
 
ご留意事項
確定申告の要否やお手続きに関するお問い合わせは、所轄の税務署または税理士等へ確認してください。
源泉徴収なしの場合

回答

源泉徴収なしの場合、原則として確定申告が必要です。
確定申告書に特定口座年間取引報告書の記載内容を転記し、確定申告を行います。
 
ご注意
  • 特定口座のほかに一般口座で売却した株式がある場合は、最終的に損益を通算し確定申告を行います。
  • 譲渡益が発生していない場合は、確定申告を省略できますが、翌年以降に損失を繰越す場合は確定申告が必要です。(詳細は「確定申告 繰越控除」のページをご確認ください。)
  • 複数の証券会社で特定口座を開設している場合は、それぞれの証券会社から交付される特定口座年間取引報告書に記載されている金額の合計を「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」に記載し確定申告を行ってください。(詳細は、「1.確定申告が必要かをチェック!」のページをご確認ください。)

Q&A検索

キーワード検索

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。 送信専用フォームです。お問合せにはお答えできません。