マネックス証券

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 920
  • 公開日時 : 2017/06/28 13:26
  • 印刷

権利行使や権利売却しないまま放置するとどうなりますか?

回答

新株予約権の権利行使や売却ができなくなり、権利放棄となります。
権利行使や売却を希望する場合は、必ずあらかじめ定められた期間内に行ってください。

なお、ライツ・オファリングには、「コミットメント型」と「ノンコミットメント型」の2つの種類があります。
種類の違いにより、権利行使期間満了後まで未行使だった際の新株予約権の取扱いが異なります。

■ノンコミットメント型 ライツ・オファリング
発行会社が証券会社との間でコミットメント契約を締結しない資金調達手法です。
権利行使期間満了日まで行使されなかった新株予約権は、失権(消滅)します。

■コミットメント型 ライツ・オファリング
発行会社が証券会社との間でコミットメント契約を締結することで、発行会社の資金調達額をコミットする資金調達手法です。

権利行使期間満了日まで行使されなかった新株予約権は、取得条項により発行会社が取得し、その対価として「配当金領収証方式」で交付財産の支払いが行われます。
ただし、計算日における普通株式の株価により、交付財産の支払額がゼロ円となる可能性があります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。 送信専用フォームです。お問合せにはお答えできません。

Q&A検索

キーワード検索