• No : 2380
  • 公開日時 : 2017/10/27 16:33
  • 更新日時 : 2020/08/31 14:42
  • 印刷

特定取引を行う者の届出書とは何ですか?

回答

「特定取引を行う者の届出書」とは、居住地国が日本以外にあるお客様が、新たに国内に所在する金融機関等で口座を開設する際に金融機関等にご提出いただく書類です。

詳細は、国税庁のページで、「共通報告基準(CRS)に基づく自動的情報交換に関する情報(「CRSコーナー」)」をご確認ください。
 
お客様
届出内容
2017年1月1日以降に
新たに口座開設
居住地国が外国の場合、「特定取引を行う者の届出書」に氏名・住所・居住地国・外国の納税者番号等を記入しご提出いただきます。居住地国が日本の場合は電子申請のため書類の提出は不要です。
 
2016年12月31日までに
口座開設
居住地国が外国の場合、「特定取引を行う者の届出書」に氏名・住所・居住地国・外国の納税者番号等を記入しご提出いただきます。お手続きについては別途当社よりご連絡いたします。
 
2017年1月1日以降に
出国(海外転勤等)
出国日より3ヶ月以内に「特定取引を行う者の届出書」に氏名・住所・居住地国・外国の納税者番号等を記入しご提出いただきます。なお、帰国時もご提出いただきます。
 
 
 

ご注意

  • 海外転勤等で出国する場合にも居住地国等を記載した届出書を提出が必要です。長期の出国予定がございましたら、あらかじめお客様ダイヤルにご連絡ください。
  • 海外に出国後、さらに別の国に移住する場合も提出が必要です。