• Q&A > 相続 > 相続 > 相続人に未成年者(15歳未満)がいる場合、印鑑証明書はどうすればいいの?
  • No : 278
  • 公開日時 : 2017/06/28 13:23
  • 更新日時 : 2020/11/11 15:18
  • 印刷

相続人に未成年者(15歳未満)がいる場合、印鑑証明書はどうすればいいの?

カテゴリー : 

回答

相続人が15歳未満の場合、親権者が代わってご署名、ご捺印を行って頂きます。印鑑証明書は親権者の印鑑証明書を代用してお手続きを行って頂きます。
 
『特別代理人』の手続きや、『未成年後見人』の手続きをお取りいただいている場合は、それぞれの代理人及び後見人の方よりお手続きを行っていただくこととなります。
 
印鑑登録は本来、住民票上の住所がある市区町村役場で行います。印鑑登録できない方は、基本的に「15歳未満の方または成年被後見人の方」とされていますが、未成年者の印鑑登録を認める年齢については、「15歳以上」または「18歳以上」など、市区町村役場により異なります。