• No : 1337
  • 公開日時 : 2017/06/28 13:27
  • 更新日時 : 2019/12/06 09:17
  • 印刷

ドルなどの外貨を持っていないのに、どうして売りから始められるのですか?

回答

お客様がFXの口座で新規建ての売買を行った場合、インターバンク市場で「カバー取引」が行われます。

そのカバー取引では、売買に必要な金額を相手方へ受渡する必要がありますが、その受渡の期日をお客様の決済注文が約定するまで繰り延べることが可能で、それを「ロールオーバー」と言います。
 
最終的には相手方へ売買に必要な金額を受渡しますが、その資金は、お客様が取引を終了する時に行う「決済注文」で得た資金で行い、受渡に余った部分が利益、足らない部分が損失として、口座に反映します。そのような形態の取引を「差金決済」と言います。
 
このように、FXはあらかじめ受渡に必要な資金を用意する必要のない差金決済の取引となるため、売りから始まる取引も可能になっています。
 
なお、金利の安い通貨で金利の高い通貨を売り建てた場合、スワップポイントの支払いが発生することもありますので、ご注意下さい。