マネックス証券

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 885
  • 公開日時 : 2017/06/28 13:25
  • 更新日時 : 2018/08/28 16:46
  • 印刷

妻(専業主婦)が取引した株式の売却益の金額は、夫(サラリーマン)の『配偶者控除』や『配偶者特別控除』の適用についての判定に影響しますか?

回答

配偶者の所得は、一定金額を超えると、配偶者控除及び配偶者特別控除のそれぞれの控除金額に影響を与えます。
 
<配偶者控除>
  • 配偶者の所得金額が38万円を超えると、配偶者控除を受けられなくなります。
<配偶者特別控除>
  • 配偶者控除の対象となる配偶者(所得が38万円以下)の場合は、配偶者特別控除は受けられません。
  • 控除を受ける人のその年における合計所得金額が1,000万円以上もしくは配偶者の所得が123万円を超える場合には、配偶者特別控除を受けられなくなります。
(配偶者特別控除の控除額は配偶者の所得金額に応じて、段階的にその控除額が逓減します)
 
特定口座で得た売却益も、この所得の計算の対象に含まれます。ただし、源泉徴収を選択した特定口座で得た売却益について確定申告をしない場合には、この所得の計算の対象から除外されます。
 
※お客様の選択により、源泉徴収ありの特定口座での損益を他の上場株式等の損益と通算するために確定申告をした場合には、この所得の計算の対象に含まれます。

ご留意事項

このページに記載されている内容は2018年の税制に基づいたものであり、今後、税制変更が行われる可能性があります。
税金の取り扱いに関する詳細は、国税庁ウェブサイトまたは所轄の税務署にご確認ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。 送信専用フォームです。お問合せにはお答えできません。

Q&A検索

キーワード検索