マネックス証券

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

Q&A

  • No : 835
  • 公開日時 : 2017/06/28 13:25
  • 更新日時 : 2019/05/23 16:55
  • 印刷

積立した残高を売却すると、積立契約も解除されますか。

回答

積立した残高を売却しても、積立契約は解除されません。
残高の売却と積立契約の解除は、それぞれ異なる手続きとなります。
お客様から積立契約の解除のお申し出がないかぎり、売却後も積立買付は継続して行われます。
 
積立契約の解除をご希望の場合は、「投資信託」→ 「投信つみたて申込状況」より「取消」を行ってください。
file_image
 
「取消」のタイミングについては、下記をご参照ください。

「自動積立」・「ウェブかんたん銀行つみたて」の場合

  • 当月の実際の買付実施日(※)の前ファンド営業日までに「取消」した場合は、当月の買付から停止となります。
  • 当月の実際の買付実施日(※)の朝5時以降に「取消」した場合は、次月の買付から停止となります。
※「実際の買付実施日」とは、お客様が指定する「毎月の買付日」のことではなく、非営業日もしくはファンド休業日、および積立における積立等の特別処理を考慮した、実際の買付実施日を指します。

「銀行de自動つみたて」の場合

原則、毎月27日の12営業日前頃(※)をめどに「取消」した場合、当月27日(非営業日の場合は翌営業日)の引落しから停止となります。
 
※年末年始やゴールデンウィークなど大型連休がある月においては、前後する場合があります。

「カードde自動つみたて」の場合

  • 毎月18日の3営業日前(18日が非営業日の場合は4営業日前)までに「取消」した場合は、原則、翌月から停止となります。
  • 毎月18日の2営業日前(18日が非営業日の場合は3営業日前)以降に「取消」した場合は、原則、翌々月から停止となります。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。 送信専用フォームです。お問合せにはお答えできません。

Q&A検索

キーワード検索