マネックス証券

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 833
  • 公開日時 : 2017/06/28 13:25
  • 更新日時 : 2018/11/26 09:54
  • 印刷

ゴールド、プラチナ、シルバーを売却した時の税金の取扱いはどうなるのですか?

回答

ゴールド・プラチナ・シルバーを売却し譲渡益が出た場合には、その取引の状況に応じて「譲渡所得」「雑所得」もしくは「事業所得」のいずれかとして扱われます。
通常、給与所得者などのケースでは譲渡所得、営利目的で売買しているケースでは雑所得、事業として売買しているケースでは事業所得に区分されます。

譲渡所得には、年間50万円の特別控除がありますので、金の売却益とその他の譲渡所得が50万円を超えた金額が課税対象になります。
また、保有期間が5年以内の売却益は「短期譲渡所得」、5年を超える場合の売却益は「長期譲渡所得」となり、課税される金額の算出方法が異なります。

  • 短期譲渡所得(購入後5年以内で売却した場合)
    課税短期譲渡所得=売却益-50万円
  • 長期譲渡所得(購入後5年を超えて売却した場合)
    課税長期譲渡所得=(売却益-50万円)÷2
  • 短期と長期譲渡所得がある場合
    特別控除額は両方合せて50万円が限度で、短期譲渡益から先に控除します。

ご注意

原則として確定申告が必要ですが、給与収入額が2,000万円以下の給与所得者で給与所得、退職所得以外の所得が20万円以下の場合など、一定の要件を満たす場合は確定申告は不要です。 詳細は所轄の税務署にご確認ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。 送信専用フォームです。お問合せにはお答えできません。

Q&A検索

キーワード検索