マネックス証券

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 784
  • 公開日時 : 2017/06/28 13:25
  • 更新日時 : 2018/08/22 12:21
  • 印刷

特定口座とはどのような制度ですか?

回答

特定口座制度は、個人投資家の納税にかかわる負担を軽減するために設けられた制度です。
 
年間の上場株式等の譲渡益について確定申告を行うこととなりますが、このうち上場株式等の譲渡益および信用取引の差益について、確定申告を省略したり、簡易に納税申告を行える仕組みが『特定口座』制度です。
 
特定口座を開設する際には、「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」のいずれかをご選択いただきます。
また、「源泉徴収あり」については、配当等受領委任契約(※)の「あり」と「なし」も選択いただきます。
※特定口座に配当等を受入れ、譲渡損失と配当所得との損益通算をする契約です。
 
 
特定口座で取引した譲渡損益については、証券会社が計算をし計算結果を特定口座年間取引報告書にて交付します。確定申告書に添付することにより、簡易な申告が可能になります。
 
特定口座年間取引報告書の交付について
 
「源泉徴収あり」を選択している場合は売却の都度、税金の源泉徴収や還付をしますので、確定申告を省略することができます。なお、「源泉徴収あり」は配当等受領委任契約を契約いただくことで、譲渡損失と配当等との損益通算ができます。
 
特定口座制度は個人のお客様のための制度で、法人のお客様はご利用いただけません。

特定口座の詳細、制度上のポイントについては「サイトマップ」→「税金・制度 特定口座」ページもご参照ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。 送信専用フォームです。お問合せにはお答えできません。

Q&A検索

キーワード検索