マネックス証券

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 583
  • 公開日時 : 2017/06/28 13:24
  • 更新日時 : 2018/08/23 16:55
  • 印刷

2015年以前に購入した債券や公社債投資信託を特定口座へ預け入れする場合の取得価額の計算方法を教えてください。

回答

2016年1月1日時点で保有している債券、公社債投信のうち一定の条件を満たすものについて、原則として特定口座へ預け入れされます。

この際、取得価額は、特定口座へ預け入れする時点の時価ではなく、お客様が購入された時の取得価額及び為替レートをもとに計算されます。

また、同一銘柄について複数の売買がある場合には、先に取得したものから順次、口座から払い出し(先入れ先出し)されたものとして、以下のように取得価額(平均取得単価)を計算します。
債券は、額面100単位(発行通貨ベース)あたりの取得に要した円貨額の平均(小数点第三位を切り上げ)
公社債投資信託は、10,000口あたりの取得に要した円貨額の平均(円未満を切り上げ)
(例)
外貨建てMMF
約定日 売買の別 口数 取得単価
(10,000口あたり)
買付為替レート
2015/2/10 買付 280,000口 100.00米ドル 115.90円
2015/2/26 買付(再投資) 30口 100.00米ドル 119.60円
2015/3/2 売却 100,000口 100.00米ドル
2015/3/18 買付 100,000口 100.00米ドル 121.00円
2015/3/27 売却 50,000口 100.00米ドル
2015年末の状況
約定日 売買の別 口数 取得単価
(10,000口あたり)
買付為替レート
2015/2/10 買付 280,000口
130,000口
100.00米ドル 115.90円
2015/2/26 買付(再投資) 30口 100.00米ドル 119.60円
2015/3/2 売却 100,000口 100.00米ドル
2015/3/18 買付 100,000口 100.00米ドル 121.00円
2015/3/27 売却 50,000口 100.00米ドル
上記の外貨建てMMFの例では、10,000口あたりの取得単価は【11,812円】となります。当初に買い付けた分が、その後の一部売却により相殺されています。

上記は2015年12月31日以前に取得した残高を特定口座に預け入れする場合の単価の計算方法です。
再投資額や為替レート等はすべて例です。
2015年4月以降にあるべき分配金の再投資は簡略化のため省略しておりますが、計算方法としては、例と同様です。
特定口座内において売買があった際には、「総平均法に準ずる方法」により計算されます。「『総平均法に準ずる方法』の計算例」については、以下の関連Q&Aをご参照ください。
関連Q&A

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。 送信専用フォームです。お問合せにはお答えできません。

Q&A検索

キーワード検索