マネックス証券

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

Q&A

  • No : 434
  • 公開日時 : 2017/06/28 13:24
  • 更新日時 : 2019/01/31 10:53
  • 印刷

外国為替取引とはどのような取引ですか?

回答

「外国為替取引」とは、異なる2つの通貨(米ドルと日本円など)を交換する取引のことです。
互いの通貨を交換するときの比率を為替レートといい、各国の政治や経済情勢など様々な要因で変動しますが、あくまで2つの国の比較で決まります。
 
為替レートを表すときに「円高」「円安」という言葉が使用されます。日本では円を基準に見るため、下記の図のようになります。
 
 
 
一般的に外国為替取引では将来米ドルの価値が上がると思えば米ドルを買い、逆に米ドルの価値が下がると思えば米ドルを売るようになります。
1米ドル100円のときに米ドルを買い、120円になったときに売却すれば20円の為替差益が得られます。一方80円まで円高になれば20円の差損が出ます。
 
外国為替取引において、為替の変動要因となる政策会議や経済情勢、経済指標等の情報は必要不可欠です。
FX関連の情報収集には、「情報サービス」をご活用ください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。 送信専用フォームです。お問合せにはお答えできません。

Q&A検索

キーワード検索