マネックス証券

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 434
  • 公開日時 : 2017/06/28 13:24
  • 印刷

外国為替取引とはどのような取引ですか?

回答

「外国為替」とは、一言でいうと「世界にある通貨(米ドル、円など)を交換すること」です。「外国為替取引」というと難しそうに聞こえますが、その仕組みはとてもシンプルです。

外国為替取引で、互いの通貨を交換するときの比率を「為替レート」といいます。
為替レートは各国の政治や経済情勢など様々な要因で変動しますが、あくまで2つの国の比較で決まります。

たとえば日本では、円を基準に見ますから
新しいウィンドウに表示します
ということになります。

つまり、外国為替取引では、将来、米ドルの価値が上がる、と思えば米ドルを買い、逆に、米ドルの価値が下がる、と思えば米ドルを売ればよいわけです。

1米ドル100円のときに米ドルを買って、120円になったときに売却すれば、20円の為替差益が得られます。(逆に80円まで円高になれば20円の差損が出ます。)

外国為替取引は、実はとても私たちに身近な取引です。

例えば海外旅行。
私たちは海外に行くときに、日本円を現地の通貨に交換します。このときの交換比率は、外国為替市場の相場と連動して決められます。

また、海外から輸入されるブランド品なども、為替の影響を受けて価格が変化します。円高の時など、店先に「円高差益還元セール」などの案内を見ることがありますね。

「外国為替取引なんて自分とは縁遠い」と思っているあなたも、日常生活の中で為替と触れ合う場面は意外と多いのかもしれません。
外国為替取引を始めると、おのずと為替の動きに敏感になります。

「今日のレートはいくらだろう。」「今日は何か重大発表があっただろうか?」
日々のレートや経済ニュースをチェックするうちに、経済の知識や情報が自然と身についてきます。外国為替取引は、経済の勉強という意味でも非常に有用であるといえますね。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。 送信専用フォームです。お問合せにはお答えできません。

Q&A検索

キーワード検索