マネックス証券

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 190
  • 公開日時 : 2017/06/28 13:23
  • 更新日時 : 2018/08/28 09:47
  • 印刷

一度NISA口座を開設したら、翌年以降は継続の手続き等はしなくてもよいですか?

回答

NISA口座を設定できる期間(勘定設定期間)は以下のとおりとなっております。

(1)2014年1月1日~2017年12月31日(基準日:2013年1月1日)
(2)2018年1月1日~2023年12月31日
 
同一勘定設定期間中は自動的に継続(※)され、翌年も同じ金融機関にNISA口座が開設されますが、勘定設定期間が異なる場合は、原則、勘定設定期間ごとに口座開設の手続きが必要になります。
(※)NISA口座の廃止・金融期間変更手続きを既にしている場合を除く
 
NISA口座のみなし開設について
前述のとおり、2017年12月までにNISA口座を開設されていても、2018年1月以降NISA口座を継続して利用する場合にはあらためて口座開設手続きが必要となりますが、2017年9月30日までにマイナンバーをご提出いただくことで「みなし開設」が可能となり、2018年以降の口座開設手続きを不要とすることができます。
2017年9月30日までにマイナンバーをご提出いただかなかった場合は、みなし開設ができませんので、2018年以降NISAを利用する場合は再度NISA口座の開設手続きが必要となります。
マイナンバーを提供したいのですが、どうすればよいですか?
【補足】
・2016年以降、証券総合取引口座やNISA口座の開設、また住所変更の手続き等ですでにマイナンバーをご提出いただいている場合は、再度ご提出いただく必要はありません。
・2017年までにNISA口座で買付けた残高については、買付けた年から最長5年間、非課税期間が適用されます。当該残高については、2018年以降のNISA口座の開設がなくとも、非課税期間内であれば非課税での売却が可能です。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。 送信専用フォームです。お問合せにはお答えできません。

Q&A検索

キーワード検索