マネックス証券

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1118
  • 公開日時 : 2017/06/28 13:26
  • 印刷

「プレミアム・ハイブリッド 2006」についてプライベート・エクイティ・ファンドとヘッジ・ファンドへの投資比率は、運用期間中一定ですか。

回答

一定ではありません。プライベート・エクイティ・ファンドへの投資状況によって、機動的にヘッジ・ファンドへの投資額を増減させます。但し、プライベート・エクイティ・ファンドへの投資額は、ファンドの設定時の純資産総額の70%を上限とします。
ヘッジ・ファンドとプライベート・エクイティ・ファンドの投資比率をプライベート・エクイティ・ファンドの投資の状況によって増減させるのは、投資効率を高めるためです。プライベート・エクイティ・ファンドは投資の申込みをした際に一括して投資資金が払い込まれないため、当初は待機資金が出来ます。この待機資金をヘッジ・ファンドで運用することで投資効率を高めることを予定しております。

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください。 送信専用フォームです。お問合せにはお答えできません。

Q&A検索

キーワード検索